プチ矯正?

最近、ちまたではプチエステ、プチ整形などがお手軽で人気だそうです。これらは、気になる部分だけを比較的安く、数回で行うため、体験を兼ねて受けている人が多いとのこと。先日、矯正治療にもこのようなプチ矯正?はないのだろうかと質問されました。矯正というと、治療費が高い、あの装置を長く付けるのは嫌だなどと、歯並びは気になっていても治療に踏み切れない人がいることも事実です。
もちろん、歯並びに問題がある場合は、全部の歯に装置を付けて本格的な矯正治療を行うことが一番望ましいのですが、費用や 装置の問題で本格矯正が無理だという人には、M.T.M.(歯の小移動を行う矯正)で、歯並びを部分的に治すことも可能です。
通常、大人に行う矯正治療では 精密検査後1~2年ほど歯にブラケットという金具を付けて歯を動かし、きれいな歯並びになってからは、リテーナーという取り外し式の装置を、歯がその位置で落ち着くまで1~2年ほど使用します。
一方、M.T.M.では、簡略化した検査後、比較的簡単な装置を使って、数ヵ月で部分的に歯を動かし、その後に冠を被せたり、歯の裏側から固定したりします。もともとは歯周病治療の場合や、冠を被せるのに歯の位置が悪くて作りにくい場合などに行うのですが、かみ合わせに影響を与えない程度であればちょっとした歯のでこぼこなども治療できます。
ただ、M.T.M.といえども決して簡単ではなく、歯肉や歯槽骨などの歯周組織やかみ合わせの状態どを調査しなければならないため、専門的知識を持った歯科医に相談するのが望ましいと思います。