Q

子供の矯正治療を始める時期はいつ頃でしょうか?

お子様の治療を始める時期は、上下顎の前歯が永久歯に生え替わる7〜8歳頃からが一般的です。実際には、人によって歯並びや乳歯から永久歯への生えかわりの状態は異なりますので、異常に気がついたら早めに受診された方が良いでしょう。もし治療に早すぎる場合にも、適切なタイミングをはずさないように、定期的にリコールさせていただきます。その他、受験や転勤などのことも考えて開始時期を決めることが大切です。

Q

大人でも治療は可能でしょうか?

最近では、大人になってから歯並びや口元を気にされて、矯正治療を受けられる方がたくさんいらっしゃいます。もちろん歯周組織が健康なら全く問題なく治療することが出来ます。子供と違って、目的意識がはっきりしているため、治療がスムーズに進むことも多いようです。

Q

治療期間と通院間隔はどれくらいですか?

治療期間は患者様の年齢、歯並びの状態、治療内容、矯正装置などによって異なります。大人で本格的な矯正治療(マルチブラケット矯正)を行う場合、月に一回の通院で1~2年くらいの治療期間が必要です。その後もきれいになった歯並びを維持するため、取り外し可能な装置(リテーナー)に変えて、2~3カ月に一回の通院を2年ほど続けていただきます。なお成長期のお子様では、あごの成長をコントロールしたり、永久歯がきちんと生えるようにスペースを確保するため二段階治療になる場合が多く、通常は本格矯正の前に2~3年の治療期間が必要になります。予約日を守ること、矯正装置をきちんと使うこと、歯磨きを頑張ることなど患者様のご協力が、早く治ることにつながります。

Q

歯を抜かなければ治療できないのでしょうか?

歯とあごの大きさの不調和が著しい時には、口元のバランスや奥歯の状態などから判断して抜歯が必要になることもあります。でも乳歯から永久歯に生えかわる頃(7、8歳くらい)に治療を開始すると、スペースの確保が可能となり、歯を抜かないで治療できる確率が高くなります。

Q

矯正治療で歯の痛みはありますか?

初めて矯正装置を装着した日から3日間くらいは、歯が浮いたような感じで、固いものをかむと多少痛みを感じることもあります。でもほとんどの場合、一週間程で慣れて、痛みを感じなくなります。

Q

矯正治療に健康保険は使えますか?

残念ながら、通常の矯正治療に健康保険は使えません。但し、外科手術を伴う顎変形症、口蓋裂、あごの成長に問題のある症候群などの患者さんには保険での治療が可能です。当院は”顎口腔機能診断医療機関”、”育成医療”の指定を受けています。